« 2012年松崎の夏1 | メイン | 2012年松崎の夏3 »

2012/07/27

コメント

囲炉裏端

Nobさんの「思い入れ」、素晴らしい稲穂の露という画像になりましたね。

この「思い入れ」といわれた言葉、新鮮でうれしいことばでした。

「思い入れ」があるから、松崎に何度も足を運んでいただけるのだと思います。

今年で依田勉三が十勝を開拓してから130年となります。

私も勉三に「思い入れ」をして、40数年、「十勝毎日」へ載せる寄稿文を書いています。

Nob

◆ 囲炉裏端さん

お褒めの言葉 とっても嬉しいです^^
稲穂の露だけであれば、松崎でなくても撮れるはずで、
松崎の稲穂の露でなければというこだわりが
「思い入れ」に繋がるのだと思います。

何度も何度も松崎へ足を運ぶのも、松崎へ行きたい、松崎に会いたい、という思い入れに間違いありません。
生まれ故郷でもないのに本当に不思議ですよね(^^;)
でも、松崎と言う町はそれだけの魅力があるんです。

>私も勉三に「思い入れ」をして、40数年
まさに囲炉裏端さんの歴史でもありますよね。
松崎の稲穂の朝露に魅せられて未だ数年ですが、
きっと自分はそんな思い入れをこれからも大切にしていくと思います^^
ありがとうございました。

おじさん

Nobさん ご無沙汰です。
松崎へ行ってきたんですね。思わず
書き込んでしまいました^^。
1も2も、いい写真ですね。素晴らしいと
思いました。

メモリアルデーにはNobさんの記事が確実に
記されており、・・・思い出しています。

私は、「かたち あるもの」を聞くたび、
DVDのイッキ見の誘惑に駆られつつ、我慢を
しています。

以前にも書きましたが、あの時は「アテネ」
だったんですよね。今日ロンドンの開会式を
見ながらそのことを思い出し、Nobさんちを
覗いたら松崎訪問とは!

楽しい写真やお元気そうな囲炉裏端さんの
登場もうれしく思いました。

Nob

◆ おじさんsan

嬉しいです!!おじさんsan こちらこそ御無沙汰です(^^;)
松崎で久しぶりに再会出来たかのように嬉しいです^^
今回の松崎は自分の中で『再会』がテーマだったようなものなので
タイミングよくコメントを頂いて本当に懐かしいし嬉しいです^^

>メモリアルデーにはNobさんの記事が確実に
>記されており、・・・思い出しています。
ああ 何だかすごく救われた気がします^^
エントリー数こそ減ったものの、
何か記しておきたいという気持ちだけはあります。
他の方もそうだと思いますが、あの作品は特別なものですからね。
こうやって細々ながらもブログを続けながら、
そんなエントリーを読んでいて下さる方がいるんだということを知り、次への思いに繋がっていきます^^

あの時はアテネ・・・時の流れを感じますよね。
ロンドンの開会式を見ながらそのことを思い出して、
ブログに来て下さったこと、本当に感謝です。
自分がこの時期を訪問したことも何か繋がっているんじゃないだろうか・・・ふと、そんな思いまでしてきました^^

おじさんsan 囲炉裏端さんはいつものようにお元気でした^^
囲炉裏端さんと別れた後に思ったことなんですが、
もし、囲炉裏端さんとの出会いがなかったら、
こんなに松崎を好きになっていただろうか・・・
ふと、そんなことを思いました。
囲炉裏端さんに感謝の思いでいっぱいです。

またいつでも気軽に遊びに来て下さいね^^

はーちゃん

岩科地区と言え、はまちょう橋と言え、防波堤と言え、やはり、いつどこを見ても松崎は美しい町ですね・・・。さらに青い海や透き通った空も相変わらず、わたしたちを優しく迎えてくれているようでうれしく思います・・・。(≧▽≦)

これらを見ているともう八年前のドラマなのに、いろいろな事を思い出してしまい、つい最近まで放送されていたドラマのような錯覚に陥ってしまいます・・・。o(^-^)o

それほどわたしたちの心に深く刻まれたドラマの数々の断片が、今もあちこちにそのまま残っているなんて、何だか不思議な感じがしますね・・・。(‐^▽^‐)

わたしもまた秋口には、あの時の弾けるような感動の世界に再び足を踏み入れたいと思います・・・。(^ε^)♪

Nob

◆ はーちゃん

自分は回数では、はーちゃんには全然及びませんが、
松崎に行ったら、ここでこんな写真を撮ろうって毎回決めています^^
ご存じの通り、ほとんど毎回同じ場所で同じアングルです。
でも、そんなアングルというか構図に自分なりのこだわりがあるんですよね^^

はーちゃんが言うように、8年前のドラマとは思えない錯覚さえ覚えます。
それは松崎の町の素朴さとかが影響しているんでしょうね。
いつ訪ねても新鮮な感覚と懐かしさや優しさ、
まるで癒しのオブラートに包まれている感じだよね^^

自分は今回本当にのんびりと松崎で時間を過ごせました。
感じたことは、決して急かさない町だということ。
これ普段の生活でも大事なことなんだと改めて思いました^^

秋にたずねますか・・・人恋しい季節だよね。
その時は、はーちゃんの松崎の秋を語って下さい。
楽しみにしています^^

朔ちゃんの町の住人

Nobさん こんばんはー

こんかいの松崎で一番きになったのは、この中の堤防前の
あの鐘の画像UPです。
鐘ですかー・・・・???

なんなんですかねー・・・まーNobさんはNO・commentなので特にはこれ以上申しませんが。
よくわかりません。^^;

しかし、夏にこれだけ澄んだ感じの松崎の画像は何か信じられないような。
どうしても水蒸気が多いように思えるのですが、とにかく
暑さの中で素晴らしい情景が浮かんでますね。

囲炉裏端さんにもお会いできて最高でしたね。
はーちゃんは秋に行くのかなー?
自分は今度いけてもまた来年になりそうです。

できれば現地でまた一緒に回りたいね^^/

では。

Nob

◆ 朔ちゃん

あの鐘に関しては、次回松崎訪問時の楽しみとしていて下さい(^^;)

朔ちゃん 今回は蒸し暑さをほとんど感じることがなかったです。
そのせいなんでしょうかね、朔ちゃんが感じているように自分も
夏の季節にしては空気が澄んでいるように感じたのです。

あと、写真に関しては、なるべく午前中に撮るようにしています。
もちろん午後に撮らないってことじゃありませんが、
午前中の方がソラはより青く撮れるし、
いろんな色に鮮度を感じるんですね(^^;)
表現おかしいけど、何となく雰囲気だけ察して下さい^^

かこ

Nobさんこんにちは。ご無沙汰しております。実は昨日久し振りに、世界の中心で~のDVD番外編?を観て号泣しておりました!その流れで久し振りにこちらにお邪魔してみました。松崎行かれたのですね、、私達が帰省しただけでは、逆に見ていなかった素晴らしい風景に感動して、思わず書き込みさせて頂きました。素晴らしい写真ですね、Nobさんの写真の腕前も、どんどんパワーアップされていますね。本当に癒されました。美しいですね。自分の見慣れたはずの風景がこんなに美しく再現されることに、感動を覚えました。あれから何年も経っているのに、こうして訪れている方たちがいらっしゃることにも胸が熱くなりました。ありがとうございます!!暑さ厳しい折お身体にお気をつけて、またいい写真を見させて頂きますね!

Nob

◆ かこさん

お久しぶりです!お元気でしたか?
松崎でかこさん御夫妻にお会いしたのは3年前の双獅祭でしたよね^^
月日が経つのは本当に早いですね。もうあれから3年が経ちました。

かこさん 写真のことありがとうございます^^
自分の中で大好きな場所がいくつかあって、
その場に立ちたくて、写真を撮りたくて、
ただそのためだけに松崎に行ってるみたいなものです^^
何て言うんだろう・・・きっと直接肌で感じ取ってみたい・・・
そんなものがあるんだろうと思います^^

次はいつ行くのか、そんな予定も何も決まっていませんが、
また 松崎に会いに行くと思います^^
きっと、同じ構図で同じような写真を撮ってくると思いますが、
月日の流れや、自然の佇まいの違いだったり、
そんな何気ない違いを感じとってもらえれば嬉しいです^^

かこさんも元気でいて下さいね^^
いつかまたみんなで松崎で再会しましょう!

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)