« 桜島への思い | メイン | 綾瀬はるか MAQUIA 10月号 »

2012/08/31

コメント

シロクマ

Nobさん、おかえりなさい。お疲れ様でした。
いい旅・いい思い出になったようで、ホントよかったですね!!

奥様にも感謝ですね~~(*^_^*)

Wen

まずはせっかく東の地よりお越し頂いたのに、
ないもおもてなしば出来ず、まこてすんもはんでした。

私も過日、祖父母の故郷済州島に赴いた時は、
車椅子の方も一緒に同行したので空港の方には大変お世話になった経緯があり
今回の旅日記も拝読し、たくさんの人々の優しさにふれられた旅であったこと
小生も大変うれしく感じました^^

Nob翁が撮影した写真を拝見し、地元だけに一枚一枚の撮影場所まで臨場感たっぷりにわかってしまいました。
お天気の方はそこまで好天という訳ではありませんでしたが、
垂水では懐かしい人々にも逢えた様ですし、よかったですね。
只、名残惜しい気持ちもあり、少々別れ難くあった事とお察しします。

本土(離島と分けますが)の鹿児島県人にとっての桜島山というのは
なんでしょう・・・心の故郷、母の懐に抱かれる、そんな想いがある様な気がします。
鹿児島県人の心を繋ぐ共通の象徴の様にも感じますね。
時折、噴火口に蓋をしたくなりますが^^;

垂水に関しては、森伊蔵もそうですが、財宝温泉水も近年では有名になりましたね。

白水館では砂蒸し温泉や、指宿ならではの塩泉(塩水を含んだ温泉)を堪能出来ましたか?
私はその頃、霧島で硫黄泉を満喫してましたよw
Nobさんが滞在中の3日間は、なんか不思議な感じがしました。

帰りの機内からは、富士山も拝めた様でなによりでした。
視界がよければ、松崎も伊藤園ホテルが視認出来るくらいクリアに見えるんですけどねぇ~。
南房総上空の写真は、まだ私もお目にかかった事がないので正直うらやましい限りです^^;
またこの時期ってのが、なかなかどうして感傷的になってしまいました。

鹿児島の思い出が、いい思い出として心に刻まれたのなら幸いです。

朔ちゃんの町の住人

おはよーございますの3連投です。

旅が無事に済んで良かったですね。
なにより親子三代で自分たちのルーツへでかける。
なんとも羨ましい限りです。

天候はやや悪かったようですが、抜群のもてなしの宿にも
出会えまた行きたいと思ったのでは。
それにお父様も生まれふるさとに人生の終盤になって尋ねることができてNobさんに多分感謝しているのだと思います。

いい親孝行できてほんと良かったね。^^

飛行機からの富士山も何か日本の空かららしくていい感じです。
それに東京湾で夢島を上空から見られていい経験できましたね。
上から見るとあんな感じなんですね。
正に基地の向こう側って感じで、案外穴場なのかなとも
思います。

旅は無事に行ってこらえて家について終わりです。
至福の時間は少なかったようですが、この思い出を大切に。

P.S 娘さんも連れて行けたのはこれも大変よかったのではと

ではでは。

はーちゃん

まずはともあれ、無事に戻られたことをお喜び申し上げます・・・。m(u_u)m

旅行中はちょっとした大雨には見舞われたようですが、それ以外では、大した天気の変化がなくてこちらも幸いでしたね・・・。(≧▽≦)

まあ、短い時間ではありましたが、お父さんも家族水入らずで久しぶりに味わった故郷の匂いに満喫し、更には見たかった富士山も眺められることが出来て満足な旅だったと思います・・・。(*^▽^*)

そういった中で、親子の絆が一層強く結ばれ、それらを今まで以上に再確認出来たことが、今回の旅行の最大の思い出ではないでしょうか・・・。o(^-^)o

それにしても、この雲海に突き出た富士山の写真は素晴らしいですね・・・。わたしも以前、見たことがありますが、こんなにくっきりと美しくはなかったですね・・・。(ノ_-。)
おまけに、夢島まで見られるなんて、最高の旅だったと思います・・・。(‐^▽^‐)

恐らく、Nobさんの親孝行しようとする心に神様が与えてくれたほんのささやかなプレゼントだと思いますね・・・。(^ε^)♪

Nob

◆ シロクマさん

本当にいい旅が出来ました^^
大変な面も家族皆で何とかサポートしてやりくりしました(^^;)

>奥様にも感謝ですね~~(*^_^*)
そうでした!!
一番感謝しなければいけないのは妻でした(^^;)

Nob

◆ Wenちゃん

無理を言ったのは自分の方です。何も気にしないで下さい^^

初日、二日目、鹿児島市内を走っている時に
Wenちゃんの住む場所の地名が
案内標識に表示されているのを見て
冗談ではなく、思わず胸が熱くなりました。
「Wenちゃ~ん!!」という心の叫び 聞こえた?

>Nobさんが滞在中の3日間は、なんか不思議な感じがしました。
同じだよね^^ 自分もずっと不思議な気持ちでしたから(^^;)

温泉はね 父と一緒に堪能しましたよ^^
砂蒸し風呂もすごく気持ちよかった^^
これは父も初めてだって言ってましたよ。

Wenちゃん 最後の写真なんだけど、
これ撮っている時 本当に西日が眩しくてね
沖ノ島と夢島をフレームの両端に何とか収めるのに必死で
正直 景色を楽しむ余裕はほとんどなかったんだよね。
この景色はWenちゃんに見せてあげたいなって思いながら撮りました^^
PCで確認したら、富士山までが一緒に収まっていて、
これには本当に感動したんだよね^^
貴方に捧げる一枚です(^^;)

あの日、もしかしたら、展望デッキにいましたか?
滑走路に移動する中、展望デッキの端で思いっきり手を振っている男性がいたんだけど、あれWenちゃんだったのかな?
もしかしたら、全く別の人だったかもしれないけど、
自分も思いっきり手を振りました(^^;)

Wenちゃん 鹿児島・・・父を連れて行ってよかったです。
桜島を見て、家族皆が気持ちが一つになった気がしました^^
いいところだね 鹿児島・・・

Nob

◆ 朔ちゃん

3連投ありがとうございます^^

親孝行になったかどうかはわかりませんが、
とりあえず、父も母も喜んでくれたのでよかったです^^
いつものことなんですが、出かけるのが好きな父と比べて、
母は最初はいつも行かないっていうんですよね^^
絶対行かないっていつも言い張っています。
それがいつのまにか楽しみだね~という会話に変わってきます(^^;)

機上から見た房総の景色には感動しました。
見えたらいいなとかそんな欲も一切なかったので、
富士山が逆に遠くなるにつれて
もしかしたら・・・そんな風に展開していって、
沖ノ島が姿を現したんです^^
自分的には本当のサプライズだったので
嬉しかったというよりは、ただただ感動でした!

来年はどこか近場に親子4代で出かけようかって話がもう出ています(^^;)

Nob

◆ はーちゃん

いつもいろいろとありがとう^^
もう一日ぐらいゆっくり出来たら一番よかったのですが、
予算的にもう限界でした(^^;)

鹿児島ではあちこちいける余裕がなかったのですが、
その分、宿でゆっくり出来たので
年寄りの両親にはいい休養になったと思います^^

今回は最後に飛行機から素晴らしい景色を見ることが出来て、
これは全く予想もしていなかったことなので
本当に感動が大きかったです^^

今年の夏、千葉には行けなかったけど、
もうすっかり行った気分になれました^^

Wen

沖ノ島と夢島のコラボご馳走さまでした。
山下達郎のさよなら夏の日エンドレス状態です(TдT) アリガトウ

ちなみに森伊蔵は月毎の電話登録後の抽選販売ですね。
しかし近年の芋焼酎ブームも最近ではあまり聞かれなくなりましたね^^;
まぁしかしメジャーな酒類にはなりましたね。

>あの日、もしかしたら、展望デッキにいましたか?

あの日とは?滑走路に移動という文からしてお帰り時であれば、答えはNOです^^;
到着時は、Nobさん座乗の機材が10番スポットだったので
確かに展望デッキの端っこで家族総出で見ていましたが。

>いいところだね 鹿児島・・・

でしょ^^ 福島県や首都圏から疎開してらっしゃる方も結構多いですよ。
降灰さえなければ・・・なんですが^^;


Nob

◆ Wenちゃん

やっぱりそうか・・・飛行機から手を振ったけど、
あの男性はWenちゃんじゃなかったんだ(^^;)
あの時、ちょっと感傷的になっていて、
テレビドラマみたいな雰囲気だったんだよね(^^;)

Wenちゃん 桜島を眺めながら思ったんだけど、
桜島って鹿児島のほぼ中央に位置していて、
薩摩半島、大隅半島のどちらからも見えるでしょう。
>心の故郷、母の懐に抱かれる、そんな想いがある様な気がします。
Wenちゃん こう言っていたよね。
うん、本当にそんな気がします。
どこにいても見守ってくれている・・・偉大なる母だよね。

2012年夏・・・鹿児島で過ごした思いはしっかり心に刻まれました。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)